お肌のヘルシーライフはじめました

安くシンプルをモットーに、ゆるくノンケミライフ。

ベビーパウダー(シッカロール)を色々な方法で使ってみた!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!(^◇^)

また随分間が空いてしまいましたが、さっそく前回の続きで、管理人流のおすすめのベビーパウダーの使い方について書いていきます!

使用するベビーパウダー[シッカロール]の詳細はこちら↓

healthylifeee.hatenablog.jp

ボディパウダーとして使う

f:id:HealthyLife:20190829045447j:plain

これはベビーパウダーの基本の使い方ですね!

ベタつきが気になる場所に、そのまま粉を体にパフパフ付けるだけ。

特に夏場に日焼け止めをつけた後や、汗をかいたあとなどに肌に使うと、肌のべたつきを軽減してくれたり、蒸れやすい箇所のあせも予防にも大活躍◎

f:id:HealthyLife:20180709221001p:plain
お肌がサラサラになって気持ちいい♪

つかうときのポイントは、粉をたっぷりつけるのではなく、薄く均等につけること!

量が多すぎると、衣服についてしまったり、お肌の乾燥の原因にもなりますのでご注意(>_<)

和光堂のシッカロールも愛用していますが、超ロングセラーの天花粉「新あせ知らず」もレトロなおしろいの香りで大好きです(*´ω`*)

パウダーが入った布袋を直接体にパフパフするだけでOKなので、体全体に使う場合も手軽で楽ちんでオススメです!

無香料を選ぶのも手

ベビーパウダーは香料が使われているものが主流ですが、最近では無香料のものも多く販売されているのをご存知ですか?

香りが苦手な人はもちろんですが、好きな香水や精油をコットンなどに染みこませて一緒に入れておけば、簡単に自分好みのフレグランスボディパウダーがつくれますよ♪

フェイスパウダーとして使う

f:id:HealthyLife:20190829045510j:plain

賛否両論ありますが、管理人は体と同様に顔も使います!

日焼け止めを塗った後にお顔にパフパフ、夜のスキンケア後にもパフパフ。ミネラルファンデの下地として使うのも◎

薄くつけると肌がワントーン明るくなり、サラサラかつ綺麗なマシュマロ肌に!

プレストタイプだと持ち運びやお化粧直しにも便利です(*'▽')b

f:id:HealthyLife:20180709221001p:plain
これも沢山つけると乾燥するので注意!

応用編・なんちゃって日焼け止めパウダーを作ってみた

そのままでも十分ですが、色付きのお粉がほしくなり、ベビーパウダーをベースにした「なんちゃって日焼け止めパウダー」も作ってみました(´▽`●)

↓【手作り日焼け止めパウダーの記事はこちら】

healthylifeee.hatenablog.jp

ベビーパウダーは大量に入っているので、いろんなレシピに使ってます(笑)

制汗剤・デオドラントとして使う

f:id:HealthyLife:20190829061357j:plain

汗を吸収する

シッカロールの成分の「タルク自体」には吸水性はありませんが、肌につけたときその粒子により表面積が増え、毛細管現象により余分な水分を吸い上げます。水分や熱の放散が促進されて、肌をさらっとした状態に保ちます。「コーンスターチ」には吸水性があり、乾きすぎるとそれを放出して肌の水分を適度に保ちます。

※毛細管現象:液体が重力や表面張力に逆らって細い管の中に吸い上げられるように 高い位置に移動する現象です。

シッカロール|和光堂/離乳食、粉ミルク、ベビーフード、スキンケア用品 より引用

体の臭いの原因は、汗であることが多いです。

汗を吸収し、お肌をさらさらに保ってくれるベビーパウダーは、優秀な制汗剤やデオドラントにっ!\(^^)/

脇など、普段のデオドラントのあとに

ロールオンタイプやスプレータイプなど、様々な商品がありますが、いつもの制汗剤のあとにベビーパウダーをはたくだけ。

汗を吸収しお肌をベタつきを抑えてくれるので、イヤな臭い予防に!

ベビーパウダー+ミョウバンでさらに消臭力もUPできます★

靴の中にまいて、消臭剤として

タルクが主成分の消臭剤だとグランズレメディが有名ですね!

もちろんグランズレメディをそのまま使うのも良いですが、ベビーパウダーが大量にあってなかなか消化できない・・・なんて方は、靴にまいておくのも◎

汗を吸収し足裏をさらさら保ち、防臭効果が期待できますよ(*'▽')

healthylifeee.hatenablog.jp

和光堂 シッカロールの中蓋を使いやすく改良

f:id:HealthyLife:20150922040051j:plain

前回の記事で、中蓋の紙をこのように活用することにしたのですが、中蓋を押し付けてポンポンしていたので、使っていくうちにパウダーがぎゅっと固まるように。。

結果パフにうまく粉がつかなくなってしまったので、今回改良しました!

f:id:HealthyLife:20151009125119j:plain

こちらもレビューを参考に、紙中蓋の代わりに市販の水切りネットを使用

ネットの端の方を残してズレないようにうまく2重にし、容器のサイズに合わせて切り取り、パウダーの上にのせるだけ。

f:id:HealthyLife:20180709221001p:plain
うーん、丸の形が汚い・・・

管理人は、一枚のネットを重ねて2重にして使っていますが、紙の中蓋よりもたっぷりつくので、もう1枚くらい重ねてもいいかも。

それと前回、外蓋の締まりが悪い(サイズがきつい)と書いたのですが、2枚目の写真のように内蓋の紙を外側まできちんと取り除くと、するっとしまえるようになりました!

ベビーパウダーについて思うこと

ご紹介したベビーパウダーを活用するときは、フェイス用、ボディ用、制汗用など、衛生的に保つため、用途別にきちんと別の物を使い分けてください。(ケースごとに小分けにするのをオススメします!)

ベビーパウダーについてネットで調べると、「ベビーパウダーが毛穴を塞ぐ」「さらさらなのは肌を乾燥させてるだけ」=使わない方がいい。という意見もあるとは思いますが、私はそれは違うのでは?と普通に使用しています。

タルクは今や ほとんどのお化粧品(お薬や漢方などの内服薬にも)に含まれているほど安全な成分ですし、お肌を乾肌させているのではなく、つけた肌の水分を均一にしてくれているのだとか。

こういった情報は、ネットでのレビューやWikipediaを見ただけですが、お医者さんでもベビーパウダーOKな方もいれば、NGという方もいらっしゃいますし、前の何もしないスキンケアでも書きましたが”自分が何を信じるか”で決めたらいいと思います。

お肌が特別敏感な方や、お化粧品にこだわりがある方など、安いベビーパウダーを化粧品として使うのは違和感があるかもしれませんが、安い分試しやすいですし、私はおすすめします♪

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

(^◇^)/

[合わせてどうぞ]

healthylifeee.hatenablog.jp

healthylifeee.hatenablog.jp

healthylifeee.hatenablog.jp