お肌のHealthyLifeはじめました

安くシンプルをモットーに、ゆるくノンケミライフ。

意外に簡単!手作りアイシャドウ&ミネラルファンデをプレストする方法

スポンサーリンク

f:id:HealthyLife:20180207233303j:plain

みなさんこんにちは(^◇^)!

結局新しいアイシャドウを、買い足すことに決めた管理人です。

しかし前回の記事の冒頭にも書いたように、現在持っている「ミネラルフュージョン」と購入したばかりの「アクアアクア」をメインで使わないとなると、手持ちのアイシャドウがどんどん増えていくうえに、使い切るのも難しくなっていく・・・

散々悩んだ末、上記2つを使った手作りアイシャドウパレットを作ろうと決意。

という事で、初のアイシャドウ作り&アイシャドウプレスト化に挑戦しました!

healthylifeee.hatenablog.jp

パウダー系コスメをプレストするには

手作りコスメを固形化する方法として、定番なのはエタノールで固める方法と、オイルを混ぜて押し固める方法があると思います。

圧倒的に簡単なのはエタノールプレス法ですが、管理人が過去に手持ちのファンデ、チークを使って何度か試したうち、一度しか成功と呼べる出来に仕上がりませんでした。。

(エタノールの調整が難しく、カチカチに固まって粉が取れず色が全く出ないかと思えば、べチャッとして柔らかいまま全く固まらない事も)

もちろんケミカルコスメだったり、使用する商品にもよるとは思いますが、今回のアイシャドウパレットも、手間はかかるけど成功しやすい後者のオイルプレス法で作っていきます(^^♪

オイルプレスとはどんな方法?

まず簡単に、オイルプレスとはどういった方法かと言いますと、

ベースとなるパウダーにホホバなどのキャリアオイルを少しずつ混ぜ、全体がまとまる程度にしっとりして来たら、金皿やアイシャドウケースに移し、上から押し固めるという方法です。

文章だけだと何だか小難しそうですが、慣れてしまえば10分程度ですぐに作れるようになります。

アイシャドウ、チーク、ファンデーション等、殆どのパウダー系コスメで使える方法なので、簡単に自分好みの色が作れますよ!

プレストするのに用意する道具・材料

※手作りコスメは雑菌が繁殖しやすい為、作業前にしっかり手洗いをして、使う道具やケースもエタノール等で消毒をしておきましょう。

【基本の材料】

  • 乳鉢、乳棒 or 紙コップ、竹串
  • アイシャドウを入れるケース
  • キャリアオイル(酸化しにくいオイルがオススメ)
  • パウダーアイシャドウ
  • マイカ、タルクなどの色調節用パウダー
  • ティッシュ

乳鉢セットがあるとパウダーを均一に混ぜる事が出来るので便利ですが、かなり汚れてしまい後片付けが大変なので、もっと手軽に作りたい場合、紙コップと竹串などでも代用可能です。(乳鉢と比べると仕上がりは下がります)

今回パウダーアイシャドウは、余ってしまったミネラルフュージョン1色と、色が好みではなかったアクアアクアを使用するので、マイカ、タルクは無くても作れますが、失敗しても作り直しが出来る上、自分好みの色に調節できるのである方がいいかと。

ちなみに管理人は、自然化粧品研究所の粉末状カラーマイカ3色を使いました。

f:id:HealthyLife:20180529142327p:plain
各5gも入っていて、キングオブ激安!

あると便利な物

  • 押し固める用の水平な重り 
  • クッキングシート or ラップ

重りは最後にプレスして固める用なので、きちんと水平な物ならなんでもOK。(表面の仕上がりを気にしない場合は無くても可。)

クッキングシート、ラップはどちらでも大丈夫ですが、作業時に机が汚れないように敷く為なので、あると とても便利です!

プレストアイシャドウを作る

ではさっそく作っていきます!

※管理人はいつも測らずに目分量で作っている為、それぞれの量は記載していませんので、作る際は少量ずつお試し下さいm(__)m

  1. 最初に汚れ防止の為、クッキングシートを机に敷く
  2. 乳鉢にパウダーアイシャドウを入れ、乳棒でサラサラになるまで混ぜる
  3. マイカ・タルク等を追加して好みの色になるよう調節する
  4. 全体の色が均一に仕上がったら、オイルを1滴ずつ加えて、ダマが無くなるまで再びよく混ぜる
  5. パウダーを指で押して、ギュッと纏まるくらいしっとりしたらアイシャドウケース全体にパウダーを敷き詰める(この時中心をやや高めに盛ると、仕上がりが綺麗になります!)
  6. 移したアイシャドウケースにティッシュを一枚載せ、おもりを使って上からゆっくり真下に向かって、数秒感ギュッとプレスする(ぐりぐりすると崩れるのでNG)
  7. この時点ではまだふわふわしていて きちんと固まっていないので、一度おもりだけ退けて、ティッシュの上から指の腹で少しずつプレスしていく(アイシャドウの中の空気を抜くイメージ)
  8. 最後にもう一度新しいティッシュをのせて、再度おもりを使ってしっかりと真上から数秒間プレスする(この時もぐりぐり押すのはNG)
  9. 半日以上乾燥させたら、完成!!
f:id:HealthyLife:20180529142327p:plain
工程が多いですが、意外と簡単にできますよ!

大変なのは、自分の好みの色に調節する事と、オイルの入れ具合だと思いますが、一気に混ぜてしまうと失敗しやすいので、本当に少しずつ少しづつ加えていく事が大事です。

色の濃い薄いも、オイルを入れすぎてしまった場合も、アイシャドウ、マイカ、タルクなどを再度追加していけば殆ど調節できます(^◇^)

ちなみに手作りのアイシャドウの使用期限はどのくらいか調べてみたのですが、サイト様によって様々でしたが、3か月~6か月位を目安にして頂いたらよいかと思います。

ただし肌がかぶれてしまったり、だんだん匂いが変質してしまったり、明らかな異変があれば、期限内でも使用は中止して下さい。

アイシャドウパレット完成!

f:id:HealthyLife:20180131211243j:plain

こんな感じで、はい完成!←

記事に載せる予定なしだったので、すごく使用感のある写真で申し訳ないですが、上記の方法を使って作った手作りアイシャドウパレットです(;'∀')

(外ケースは相変わらずエトヴォスを活用。)

各色のケースはミネラルフュージョン、ちふれのアイシャドウを使いまわしているので、統一感が皆無・・・(笑)自己満足とはいえ、「これ自作したんだ♪」なんて披露出来ず、テンションが上がらない雑な仕上がり(ーー;)

手作りコスメは見た目に気を使わないと、市販のブランドコスメと比べてどうしてもチープにみえてしまいますね。。

それはさておき、手作りコスメの材料はコスパも良いですし、自分で色や使用感なども調整できるのが良い所。

しかし、残ったマイカは次に手作りするまで保管する事になるので、しばらく(もはや数年?)アイシャドウは手作りが決定か。。(笑)

粉モノの自作プレストは割れる可能性が高く、持ち運びに不向きと言われていますが、今回作ったアイシャドウは想像していたよりもいい出来で、現在2ヶ月ほど使用していて、持ち運びもしていますが、割れたり粉飛びもせずに使えております。

初めての手作りアイシャドウは、成功と言っていいでしょう(^^♪

おまけ ~ミネラルファンデもプレスト化へ~

少し前までメインで使っていた「ヴァントルテ ミネラルシルクプレストファンデーション」は先月使い切ったので、自宅用にしていた「ドリームマジック ミネラルファンデーション」を同じ要領でもプレストしてみました。

ちなみに管理人は01ライトオークルと、02ナチュラルオークルを混ぜて使用しています。

三色展開ですが、01番はミネラルファンデにしてはかなり明るい色で、時間が経っても赤黒くなりにくいので、単色はもちろん、02と混ぜて使うのもお気に入りです(^^♪

元々ルースタイプのケースでしたが、せっかくしっかりした作りだし・・・と、そのままプレストパウダー用のケースに使用。

おもりに無印のパウダーケースを使用した所、サイズがまさかのミラクルジャストフィットしたので、表面の仕上がりがすごく綺麗に作れました(゜-゜)

f:id:HealthyLife:20180206173820j:plain

元々「トゥベールのシルクパウダー」と「ドリームマジックのミネラルファンデ」は、それぞれ単品で自作プレストしていて、今回それを一回砕いてから混ぜて再度プレストした為(しかも紙コップと竹串で)、パウダー同士が全く混ざってないですが、ずっと見ていると「そういうプレストパウダー」っぽいような・・・?(笑)

使用感も良く、厚みのある無印のパフで付けているので全然ムラになりません♪

ブラシでも使えますが、自作プレストな為市販の物より粉飛びしてしまうのと、だんだんと表面がボコボコになって見た目も汚くなってしまうので、パフ使用がオススメです。

f:id:HealthyLife:20180206174837j:plain

持ち運び用は、ちふれのプレストパウダーケースを使用しました。

シンプルかつコンパクトなので、本当に便利です!

しっかりと固まっているので、アイシャドウ同様 持ち運びしていても今の所 割れたり崩れたりする事もなく、とってもお気に入り(^◇^)♪

(しかし中身が減ってきたら割れる可能性もあり。。)

手作りコスメは注意点も

手作りコスメを作る際は、ケースや道具はしっかり消毒をして、必ずパッチテストをしてから使用して下さい。

特に防腐剤無添加のアイシャドウ、ファンデーション等を使用する場合は、雑菌が繁殖しやすい為、使用期限を守り、使用中に肌に合わない、異常があると感じたらすぐに使用を中止して、必要がある場合は病院で診てもらって下さい。

誰でも簡単に作れるからこそ、しっかりルールを守りましょう(*_*)!

さいごに

というわけで、今回はアイシャドウとファンデーションをプレストしてみました。

やはり市販品のしっかりとしたプレストと比べると、油分の量や力加減によってはどうしてもプレスが甘くなってしまい、使用途中で粉々になってしまう可能性はありますので、まずは”持ち運びしない自宅用コスメ”として挑戦してみるのをオススメします。

  • 中々気に入るアイシャドウ、ファンデがない!
  • 化粧品を買うお金がなくて節約したい!
  • 使わずにストック棚に眠っているコスメが大量にある!

なんて方、良かったら参考にしてみて下さい(^^♪

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

(^◇^)/

※手作り化粧品の注意点※

  • 天然、無添加=安全ではありません。使用される際は必ずパッチテストを行って下さい。
  • 今回の物に限らず、手作り化粧品を作成・ご使用の際は自己責任でお願い致します。

[あわせてどうぞ]

healthylifeee.hatenablog.jp

healthylifeee.hatenablog.jp