お肌のヘルシーライフはじめました

安くシンプルをモットーに、ゆるくノンケミライフ。

【悲報】ローズマリー軟膏を使ってみた経過報告

スポンサーリンク

みなさんこんにちは(^◇^)!

去年、当ブログの人気記事 ”手作りローズマリー軟膏” にて、経過を報告していくと書いたものの、気付けばあれから一度も報告することなく、半年以上経過しておりました。

healthylifeee.hatenablog.jp

healthylifeee.hatenablog.jp

もう冒頭に経過というか結果を書きますが、わたくし 管理人、ローズマリー軟膏が合わなくなりました。(T_T)

※この記事には痛々しい表現(画像なし)があります。苦手な方は閲覧をお避け下さい。

アレルギー症状?急激なお肌の変化

f:id:HealthyLife:20151129014541j:plain

初めてローズマリー軟膏を使ってからの経過を、順々にかいていきます。

あまりの肌の荒れようがひどかったため、画像はのせておりません。。

2015年8月 ローズマリー軟膏を使い始める

チンキを作ってから、すぐにローズマリー軟膏を手作りしたのが8月頃。

そして初めて使用した翌日から、速攻効果を実感。

自分でいうのもあれですが、肌のハリ感がすごく、本当に驚くぐらいモチモチぷるぷる!管理人史上 最高の美肌でした(*´Д`)!

とはいっても夏場では使用感が重く、べた付きも気になったので、毎日使いはせずに、肌の調子が悪いときや気分で使用していました。

初日以降は保湿以外の効果はそこまで感じなかったのですが、「まぁ最初に効果は実感したし、長期的にアンチエイジングとして使っていこう」という考えでした。

2015年11月 だんだんお肌に違和感がでてくる

この頃も不定期で軟膏を使用していましたが、使い出してから2ヶ月後くらいから、だんだんお肌が荒れるようになりました。

ちょうどその頃生活環境が変わり、忙しさから睡眠不足が続いたこともあり、肌荒れの原因が軟膏とは思わずそのまま使い続け、11月頃には全体的にガサガサ、ところどころに「まだらな赤み」が目立っていました。

さすがにおかしいと思い、そこでようやくローズマリー軟膏の使用を中断し、とにかく刺激を与えないように、すべてのスキンケアをワセリンのみに変更。

なかなか酷い状態だったのですぐには回復しなかったものの、明らかに軟膏を使っていた頃よりお肌の調子が良くなっていたので、そのまましばらく軟膏は使わずに過ごしておりました。

【この頃の管理人のスキンケア方法】

  • ローズマリー軟膏を作る前は基本「手作り日本酒化粧水+メラノCC美容液+白色ワセリン」のみ。(気分でワセリンを、無添加のオイルやバターに変更することも)
  • ローズマリー軟膏を使う日は「手作り日本酒化粧水+軟膏」or「軟膏」のみ。
  • 肌荒れが悪化してきてからは「白色ワセリン」のみ。

2016年1月 久しぶりの使用で突然ひどい肌荒れに

年も明け、本格的な冬の寒さからお肌の乾燥も目立ってきたので、そろそろローズマリー軟膏さんの出番では?と久しぶりに顔に、そして唇にたっぷり塗って就寝したところ・・・

翌朝、顔面全体が赤みを帯びてボコボコと腫れまくった妖怪顔に。

唇、まぶた、おでこなどもパンパンに腫れまくり、まだらにある赤みがひどく、表面の皮膚1枚がなくなったかのようなビニール肌状態。

顔全体から滲出液が止まることなく溢れてくる、という今まで経験したことがない程の史上最強の荒れっぷり。かゆみ、痛みはほとんどなかったものの、見た目が完全にホラー(T_T)

すぐに皮膚科で診てもらったところ、「湿疹」と「乾燥肌」とだけ言われ、強力なステロイド薬を貰いました。

f:id:HealthyLife:20180709221001p:plain
\(^o^)/<流石皮膚科!(管理人は医者嫌い)

healthylifeee.hatenablog.jp

結局は皮膚科に行ったものの、このひどい荒れ方でも顔にステロイド薬は使いたくなかった(お医者さんにもその旨を伝えたが却下された)ため、唯一荒れないワセリンのみのスキンケアを根気よく続けました。

その後なんとか正常な肌に戻るまで、1~2ヶ月程かかりましたが、薬を使わずとも やっぱりワセリン最強でした。

f:id:HealthyLife:20180709221001p:plain
薬を塗ればもっと早く治ったと思いますが、ステロイドはこわい・・・

今まで白色ワセリンはこだわりなく使っていましたが、この時ばかりは、ワセリンの中でもとにかく刺激がないものを、と精製度の高いサンホワイトを使用していました。

見た目がちょっとオシャレなので、ちょっとでもスキンケアの時間に楽しみがほしかった管理人には、救いの存在でした( ;∀;)

諦めきれない管理人の再挑戦の結果

せっかくチンキから作った軟膏、もしかしたら・・・もしかしたら!偶然で荒れてただけかもしれない・・・!

と淡い期待を込めて再び5月、リップ代わりに唇に薄く塗ってみたところ、数時間後に唇は赤く腫れ上がり、前回の大惨事と同じように全体から滲出液がにじみ出できました。

もう確信です。

この子とは合わないのだと。(´Д⊂ヽ

使用するローズマリーとの相性

去年肌が荒れ始めた時に、同じようにかぶれたり、肌に合わなかった方がいないかインターネットで調べてみたのですが、そういった方はほとんど見かけず・・・管理人は少数派だったようです。

ですが中には ”最初は肌に合わなかったけど、チンキに使用していたローズマリー自体を色々変えて作ってみたら荒れない(+効果を感じた)ものもあった。”という方がいました。

今回管理人は生活の木のローズマリーを使用しましたが、別のメーカーの物なら荒れない、という可能性もあるのかも・・・?

管理人のように違和感を感じつつも、効果に期待して中断出来ない方もいるかもしれませんが、使っていてお肌に違和感があったり、明らかに荒れるようでしたら、一旦様子を見たり 使用を中止して下さい!

ちなみに、同じチンキから作ったローズマリー軟膏は家族にもプレゼントしていましたが、「お肌の調子が良い!」と気に入ってもらえて、現在もスキンケアに使用しているとのこと。

今回管理人が作った材料や、作り方に問題があったとかではなさそうです。

f:id:HealthyLife:20180709221001p:plain
(使用期限的にはそろそろアウトな気もしますが・・・)少しホッ・・・

無添加だからこそ注意すべき事

手作り化粧品は、自分の好きなように色々アレンジしながら作れますし、無添加やオーガニック思考の方にはとてもいいものですよね。

手作り化粧品の記事には毎回書いてはいましたが、やはり『天然・無添加・オーガニック=安心安全というわけではない』と今回の事で改めて感じました。

管理人の場合、ローズマリー軟膏が合わなくなってしまったのか、使用していくうちに雑菌が繁殖してかぶれてしまったのかは分かりませんが、手作りだからこそ、パッチテストなどの確認はもちろん、衛生面や使用期限なども十分気を付けないといけないといけません。

今回は残念な結果でしたが、まだ前回のローズマリーチンキは残っているので、こちらは家族用に再度作ってあげて消化したいと思います。

管理人は今後また違うローズマリーで作る予定ではありますので、その時はまた経過報告出来たらなと思います!(こりない人)

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

(^◇^)/

[あわせてどうぞ]

healthylifeee.hatenablog.jp

healthylifeee.hatenablog.jp