お肌のHealthyLifeはじめました

安くシンプルをモットーに、ゆるくノンケミライフ。

ベビーパウダーから簡単日焼け止めパウダーを作ろう!

スポンサーリンク

f:id:HealthyLife:20151128222714j:plain

 

みなさんこんにちは(^◇^)!

 

そしてお久しぶりでございます。最近は冒頭にこういった挨拶が続いてしまっていますね^^;



今回は以前話していた、

ベビーパウダー+酸化亜鉛+酸化チタンを混ぜて日焼け止めパウダーを作ります!

管理人はこういったパウダーを何度か手作りした事があるのですが、今日はそれに色材を入れて”日焼け止め効果付きの色付きフェイスパウダー”に初挑戦です!

 

ではさっそく作っていきましょう!

 

 

 用意するもの

f:id:HealthyLife:20151021143435j:plain

 

f:id:HealthyLife:20151128232702j:plain

 
★日焼け止めパウダー(色無しVer.)

  • ベビーパウダー(コーンスターチなど単品でもOK) 20g
  • 酸化亜鉛 2g
  • 酸化チタン 2g
  • ステアリン酸マグネシウム(なくても可) 4
  • 計量器
  • 乳鉢&乳棒

 

写真ではミニ泡だて器・スパチュラも用意していましたが、乳鉢がある場合は使いません。

乳鉢を持っていない方、面倒な方はお粉を混ぜ合わせるだけでもOKですが、粒子の大きさを均一にした方がムラがなくなり粉付きもよくなるで、出来れば使うのをお勧めします。

 

ステアリン酸Mgはコーティング剤*1として使用していますが、無くても可。

管理人はあまりコーティングの有無は気にしていないのですが、ステアリン酸マグネシウムを入れた方がお粉がしっとりするので「念のため」と「乾燥を防ぐ」目的で入れています。

 

  

ちなみに量は結構おおまかでOK。(笑)

今回はネットの情報を参考にSPF10/PA+程度あるかな?という感じです。

 

本当はもう少し高い数値にしたいのですが、自作で日焼け止めを作る場合、市販品のような高SPF/高PA値を作るとなるとどうしても白浮き(というレベルも超えます)してしまい、とてもそのままじゃ使えない代物になります。

完全に家用で白浮き等気にならないという方は、もう少し紫外線錯乱材(亜鉛・チタン)の割合を増やしたり調節してみても良いかもしません。そこが手作りの楽しい所(^^♪ 

 

 

f:id:HealthyLife:20151021125204j:plain

 

★色を付ける場合

  • お好みの色材 極々少量

 

実は私、今回初めてこういった色材を使いました!(●´Д`●)

当初ウルトラマリンを予定していたのですが、実際に直接色を見てみると結構はっきりとした「青!!」感があり、悩みに悩んで・・・ペールバイオレット/生活の木を購入。

 

 

f:id:HealthyLife:20151022233912j:plain

 

中身は少ししか入っていませんが、一回に使う量は本当に僅かなのでかなり持つと思います。使った後はそのまま保管出来るのでジップ付きの包装が嬉しいです。

 

 

作り方 

f:id:HealthyLife:20151022233933j:plain

 

★色材を入れない場合

 

①酸化亜鉛、酸化チタン、ステアリン酸マグネシウムを混ぜ合わせる。

コーティング不要の方は、①と②の材料を一度に混ぜてしまってもOK。

 

②ベビーパウダーを加えて更によく混ぜる。

 

③粉が均一になったら完成!

 

 

f:id:HealthyLife:20151022234017j:plain

 

 ★色を付ける場合


④色材を極少量ずつ入れ、調節しながらよく潰して混ぜ合わせる。

少量でもすり潰していくと色がしっかりついてくるので、好みの色味になるまで確認しながら少しずつ出した方がいいです。そのまま混ぜるだけだとダマのようになってしまうので、しっかりとすりつぶしましょう。

 

 

f:id:HealthyLife:20151128221742j:plain


⑤ダマがなくなり色が均一になったら完成!

 写真では薄く見えますが、結構しっかりとした紫色になりました!

 

 

f:id:HealthyLife:20151128222049j:plain


これを手持ちのパウダーケースに入れれば出来上がりっ(*´Д`*)

 

 


メインの基材がベビーパウダーなので肌につけてもナチュラルな仕上がり

 

本当にほんのりとした自然な薄紫色で大満足!

もはや付けた使い心地よりも、見た目の可愛さで嬉しいです。(笑)


 

亜鉛やチタンはどこでも売っているという商品ではありませんが、インターネットなどでお安く揃えられますし、自分で材料を選べるので安心感もあります

  
色材をすりつぶす作業に少し手間がかかりますが、市販品を購入するより安上がりで、ほぼ混ぜるだけでとても簡単に作れるので、手作り化粧品初心者の方もぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか(^◇^)♪

 

 

ひとこと

 

当ブログは検索で来て頂いている新規の方が多いようで、おかげ様でアクセス数も日々少しずつ増えてきており大変嬉しく思います!

 

相変わらず更新が出来ず、記事用のネタや写真だけが溜まっていく一方ですが、来年は以前の更新ペースに戻していこうと頑張りますので、今後ともよろしくお願い致します。

 

 

  

最後まで見て頂き、ありがとうございました!

 

(^◇^)/

 

*1:酸化亜鉛・チタンは肌の上で酸化が進むと活性酸素を排出し肌の老化の原因になってしまう為、表面処理としてコーティングが必要と言われています。