お肌のHealthyLifeはじめました

安くシンプルをモットーに、ゆるくノンケミライフ。

究極のシンプルケア!”何もしないスキンケア”はアリかナシか?

スポンサーリンク

f:id:HealthyLife:20170928161054j:plain

 

みなさんこんにちは(^◇^)!

 

 

昨日は治療中の外耳炎について少しお話ししましたね。

その外耳炎のせいでここ最近、とにかく痛みが強すぎて顔周りに触れない、水が入るのが怖くてシャワーもゆっくり入れない という日々が続いておりました。

 

お風呂大好き、スキンケア大好きな管理人には、少々メンタルにきてます。(´Д⊂ヽ

 

 

なにもしないスキンケアとは

 

さて、本題。

 

結構前から、何もしないスキンケア方法が流行っていますよね。

「シンプルケア」「肌断食」「角質培養」なんかもほぼ同じような意味を持ちますが、よく聞くのは「宇津木式スキンケア」でしょうか。

 

 

何もしない、というのは少し語弊があるかもしれません。正しくは、

 

肌をこすらない、洗いすぎない、何もつけない

 

というもの。

 

 

 

簡単に説明すると、

肌は元々再生能力・修復力を持っていてスキンケアの必要がない。手を入れることでかえって肌にダメージを与え、再生力を阻害しているので、こういった化粧品・スキンケアを使用しなくなる事でだんだんと本来の綺麗な肌に戻れる、という美容法。

 

顔を洗う時は水だけで、肌をこすらない

化粧品やスキンケア用品などは使わない(石鹸で落ちるタイプのポイントメイクは可)

ポイントメイクをした場合、クレンジングは使わず純石鹸で優しく洗う。

 日焼け止めは塗らず日傘などで物理的にガードする

冬場などで乾燥がどうしても気になる時は、極々少量のワセリンをこすらず、優しく押し当てるように付ける

徹底して顔以外に髪もやる場合、シャンプーは使わずに湯シャン(お湯だけで洗う)にする

 

ざっとですがこんな感じ。*1

慣れるまでは大変そうですが、やる事は簡単そうです。(いや、やらないスキンケアだろう)

 

 

いきなり実践しないで!注意点あり!

 

「何もしないで肌が綺麗になるなんて最高じゃん ♪♪」

なんて思いがちですが、しっかりとデメリット部分もみていきましょう。

 

 

綺麗なお肌を手に入れるには時間が必要。

個人差はあるようですが、大体半年~1年くらいでしょうか。

沢山ケアをしていた方はそれだけ回復に時間がかかるみたいです。

 

お肌のリバウンドがある。

今までたっぷりのスキンケアで甘やかしてきたお肌に、いきなり上記の美容法を行うと、乾燥により一気にお肌が荒れてしまったり、酷いかゆみがでる事もあるそうです。

 

途中経過ではお肌が汚いままなので人目が気になる。

実践している方のブログを拝見すると分かるのですが、綺麗な肌になるまではガサガサ肌だったり、小鼻の角栓が目立つなど、お肌がぼろぼろのまま生活する事になります。

マスクなどで顔を隠せる場合はそこまで気にせずともよいですが、接客のお仕事だったり、人目に触れる機会が多い人は注意が必要です。

 

 

こうみると、なによりも時間がかかることがデメリットかと思います。

この美容法を実践している人たちの口コミを読んでいると、なかなか綺麗にならないお肌に辛くなってしまい、途中で挫折する方も多いようですね。

  

 

完全厳守でなくてもいい

 

「何もしないスキンケア」はお肌が綺麗になるのはもちろん。化粧品などを買わない分お金も浮き、スキンケアやお化粧にかけていた時間も減るので、上記で説明した注意点をふまえてもメリットが大きい美容法ですよね。

 

ですが、こういった方法を実践中というのを知らない方からすると、まだまだ途中経過でほぼスッピン、通常の肌荒れとは異なる状態の方を見たら・・・正直ちょっと気になる。 

 

周りが気にしているだけならまだしも、本人がそれを苦痛に感じていたり、元々スキンケアや化粧が大好きで、そういった時間が自分のリラックスタイムだった、という方はやはり継続するのが辛くなりますよね。

無理に全部のルールを守らなくても、ボディソープをやめて純石鹸を使う、スキンケアは過剰にし過ぎない・・・など、まずは自分の出来る範囲で工夫するだけでもOKかな思います。

 

 

 

もちろん誰にでも合うというわけではありませんので、きちんと自分の生活環境と相談して計画的に実行しましょう!  

 

 

ノンケミ派の管理人は アリ?ナシ?

 

 

角質培養や宇津木式スキンケア関係の書籍をきちんと見たわけではなく、美容法を実行している方のブログや口コミなどを見ただけの感想ですが、

 

管理人的にはアリだと思います。(^◇^)

 

私は何かの美容法の書籍を持っているでもなく、誰かのスキンケア法に従っているわけでもなく。

最初は入れなくてもいいのに なぜか入ってる合成成分(着色料とかはパッケージ印象の為ですよね)の存在が疑問で、色々調べていくうちにケミカルなものは避けよう、どうせならシンプルなものでいいじゃんっ!という感覚で今のノンケミ生活を送っています。

 

なので今回の「何もしないスキンケア」というのは、そういったシンプル思考、ノンケミ思考の方の究極論なんじゃないかなと思っています。

 

この説明に納得するならアリだし、おかしいんじゃない?って思うならナシですし。

結局スキンケアだってファッションだって、どの言葉に納得するかが重要かと。

 

 

 

ただし、最初にも書きましたが私はスキンケアが好きです。

自己満足の世界かもしれませんが、たとえ高い美容液を使わなくても、エステに通い続けなくても、丁寧にお肌を労わってあげれば十分見返りはあると思っています。

 

簡単にいえば、好きな事をしているだけ、ですね(笑)

 

なので私は実行していないけどアリ派、

ということです(^◇^)♪

 

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

(^◇^)/

 

*1:※今回書いたルールは書籍からの引用ではなく、インターネットで知った情報を管理人がまとめているので、細かい規定などに若干のズレなどあるかもしれません。