お肌のHealthyLifeはじめました

安くシンプルをモットーに、ゆるくノンケミライフ。

今さら聞けない?香水の使い方や使用期限の話

f:id:HealthyLife:20150907032321j:plain

 

みなさんこんにちは(^◇^)!ちょっと間が空いてしまいましたね;

 

 

今回は基本となる香水の使い方をお話しします。

というのも前回記事でお話しした「人によってなぜ香りが違うか」「香りが続かない理由」を基本の使い方などを含め色々書き出していたのですが、1つの記事にまとめていたら長くなってしまったので2つに分けました。

 

順番が狂ってしまい申し訳ないですが、良ければお付き合い下さいm(__)m

 

 

▽ 香水ボトルの種類

 

まず、使い方を説明する前にボトルの種類を軽くご紹介します。

 

スプレータイプ・・・・プッシュ式で霧状で出てくる、一番オーソドックスなもの。

ロールオンタイプ・・・ヘッド部分に球体が付いていて、肌の上で転がし液状のまま付けるもの。(分かりにくい方は制汗剤や液体のりをイメージして下さい;)

ボトルタイプ・・・中蓋が付いており、そのままボトルを傾けて点で付けるタイプ。ミニボトル香水やサンプルサイズによくあるもの。

練り香水(ソリッドパフューム)・・・手に取って肌につけるクリーム状のもの。

 

世に出回っている香水の殆どはスプレータイプが主流ですが、中にはロールオンタイプの方が使いやすい人もいれば、アルコールが苦手で練り香水の方が合うという人もいますので、色々試してみて使いやすいものを選びましょう。

 

今回説明する香水の使い方は、基本であるスプレータイプです。

ロールオンタイプなどその他のボトルには当てはまらないので注意してくださいね。

 

 

▽ 香水の基本的な使い方

 

★つけ方① 一般的な使い方 (管理人推奨)

肌から20㎝程度離し、一か所につきシュッとひと吹き。付けすぎは禁物です。

その後付けた場所を軽くトントンと優しく肌に馴染ませる。

 

この時、肌をこすりつけるのはやめましょう!殆どの方がやっていますが、肌の上の皮脂と混ざってしまい、本来の香りが変化してしまうことがあります。 

 

 ★つけ方② ほのかに香らせたい時に

自分の目線よりも少し上の空気中に向かって1~2プッシュ程吹きかける。

その下を素早くくぐり、体全体にふんわりとかかるように通る。

 

こちらはあまり強く香らず 自然な香りを楽しめるのですが、注意点もあります。

 

例えばこの方法は 肌よりも衣服に付く面積が多い為、生地によっては香水が付着すると傷んでしまったり、シミなどの原因になってしまう事もあります。

また、人によっては髪の毛にベタつきを感じる事もありますので、出来ればつけ方①をお勧めします。

 

 

▽ 香水の付ける場所

 

香水は体温や時間の経過でアルコールが揮発し、周りに香りが広がっていきます。

また香りは下から上、足から頭の方にのぼっていく為

香水の強さや香りの種類によって付ける場所を調節する必要があります。

 

付ける場所は色々言われていますが、手首の内側・耳の後ろ~首筋が一般的ですね。

これはつまり 脈打つ場所=体温の高い場所 に付けるという事です。

  

たとえば甘い香りやパルファムなどの強い香りなどは鼻に近い場所だと刺激臭になる事もある為、下半身のひざ裏や内ももなどがお勧めです。

逆に石鹸系やオーデコロンなどの軽く爽やかな香りは飛びやすいものが多いので、上半身やウエストの両サイド、時にはうなじに付けるのも良いでしょう。

 

季節によって肌が露出する部分が違うので一概には言えませんが、

管理人的にはウエストとひざ裏がオススメです。ふんわり香ります(^◇^)

 

また つけ直しの際に汗をかいていた場合、きちんと拭き取ってからつけ直しましょう。

外出時に香水を持ち運びたい場合は「アトマイザー」と呼ばれる香水用の小分けボトル(スプレータイプ推奨)に移し替えるのもいいでしょう。

 

詰め替えは、香水販売店でスタッフの方に頼んだり(教えてもらったり)、詰め替え専用セットを購入したり、最初から小さいサイズを選び、詰め替えずそのまま持ち運ぶなど、無理せず自分にあった方法を選びましょう。

 

 

▽ 使用期限はあるの?保管の仕方は?

 

基本的に期限は明確に決められてはいませんが、香料の変質・劣化を防ぐために

直射日光や高温多湿を避けて保存し、開封後1年を目安に使い切ること。

 

ただし肌に直接触れるロールオンタイプなどは衛生面を考えて、期限をもう少し短めに見ておいた方がいいかもしれません。

 

香水はほぼ海外から輸入し仕入れています。

いつ製造されたか、どれぐらい保管されていたかなど不明ですし、開封後1年以内であっても明らかな変色・香りの変化があったり、瓶の中に異物が発生しているなどあれば使用しない方がいいでしょう。

 

ちなみに管理人は、

香水販売店で一度だけ異物が浮いているのを見かけたことがありました・・・。

 

 

▽ 最後にひとこと

 

色々試したいからと沢山購入し、数回しか使っていない数年前の香水がタンスの奥に眠っている・・・これは香水が好きな方にはあるあるかもしれないですね。

長く大切に使うのもいいですか、時には思い切って破棄する事も大事です!

 

正しい知識を持って正しく使うためにも、

この機会に自分のつけ方を見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

次回も香水コラム続きます!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

(^◇^)/